WORDS

LGBTのアウティングの意味とは?カミングアウトされたあなたへ。

レインボーパレード

 

みなさんは「アウティング」という言葉を知っていますか?
アウティングはしてはならない行為ですが、なぜしてはいけないのか、
そもそもどんな意味や経緯があって有名になった言葉なのか、詳しい経緯を知らない人は多いのではないでしょうか?

本記事では、アウティング(outing)の意味やカミングアウトされたらどうしたら良いのか
アウティングされてしまったあなたに伝えたいことについてお話ししていきます。

 

【lgbt用語】アウティングとは?意味を解説

レインボーの旗

 

アウティングとは、カミングアウトされた人が許可なく、カミングアウトしてくれたlgbtの方のセクシャリティについて誰かに話してしまうことです。

自分の秘密、あまり言われたくないことを信頼している誰かに打ち明けることは誰しも経験があるのではないでしょうか?
そして、その秘密を知らない間に他の誰かに話されている。といった状況です。

 

アウティングとカミングアウトの違い

これはアウティングの解説と似ていますが、

  • Aさん:lgbt当事者
  • Bさん:Aさんを知っている人・友人
  • Cさん:他者、Aさん、Bさんの友人
カミングアウト

Aさん(lbgt当事者)がBさんに自分のセクシャリティについて打ち明けること。

アウティング

Aさん(lbgt当事者)から聞いた内容をBさんが無断でCさんに話してしまうこと。

意味について混同してしまう人もいますが、二つには決定的な違いがあります。

アウティングの問題点

話し合う男女

 

lgbtのアウティングは、近年の日本のSNSのモラル問題にも直結するのではないでしょうか?
情報社会になってきている今、本人の許可なく情報をもらしたり、信憑性のない言葉を確信のないまま見ず知らずの他人にまで教える。

このようなことが当たり前のように毎日起きているのは事実です。

異性に告白された場合、友達に恋愛相談をのってもらうことは、当然のように行っている行為かもしれませんが、その当たり前と思われている行為も、告白してくれた相手は嫌気を感じてしまうこともあります。

このように、自分の考えでこれは別に他の人に話してもいい、と決断していることは必ずしも正しいことではありません

 

一橋大学アウティング事件

ここで一つアウティングが原因で、カミングアウトした方が最悪の選択をしてしまった事件について見ていきます。

2015年8月、一橋大学のロースクールに通っていた男子学生Aが好意を抱いていた男性Bにゲイだと告白しました。
そのことを聞いた男性Bは、LINEグループで「俺はお前がゲイであることを隠しておくことは無理だ、ごめん」と発信しました。

そのことに対してグループのメンバーの反応はなし。
男性Bはカミングアウトされた際に、ゲイの男性Aに「よき友達として」過ごしていきたいということを伝えたそうです。

男性Bは同性愛に対しての偏見はなかった、けれどいざ自分が好意を持たれると苦しさを感じていたとも語っています。

事実だけを見ていけば、たったそれだけのことで悩むこと?と思うかもしれません。
またはカミングアウトされたBくんが迷惑そう、A君だけが被害者面して可哀想だと思うかもしれません。

 

それでも私は、カミングアウトされた本人の感じ方は自由。男性Aのことを嫌いになってもいい、避けたいと思ってもいい、でもそのことに偏見を持つ可能性を持った他人・Aくんの友人を巻き込むのは違う。そう思いました。

A君は自分の秘密の部分を言われて辛かった、許せないと思った、でもB君も最初は相談する人がいなくて辛かったと思います。

そんな時、どう感じるかわからない友人に話すのではなく、LGBT専門の団体などに相談したり、A君にもっと自分の気持ちを伝えていれば何か変わったのではないでしょうか?

私がこのように言葉でいうのは簡単です。

でも、もし今カミングアウトをされて悩んでいる方は、その悩みを誰に聞いてもらうか一旦立ち止まって考えてみて欲しい、本気でそう思っています。

 

また、事件での問題は他にもあり、アウティングされたA君が学校の相談員に相談したところ、ハラスメントとして受け入れてもらえず、性同一性障害を疑ってしまったこと。

好きになる人が同性であることと、自分の性をどちらと感じるか、ということは、ひとまとまりにして考えるべきことではありません。
このように、学校側の相談員のLGBTやセクシャリティに関する知識不足も今回の事件が起きてしまった原因になってしまったのではないかと思います。

そして、このような事件が起きてから東京都の国立市ではアウティングの禁止条例ができました。

何事も起きてからでは遅い、失われた命は戻ってこない、取り戻すことができませんが、
少しでもこのような、アウティングに関しての考え方を変化させようという試みはLGBTの理解への小さな一歩になるのではないかと思います。

lgbtをカミングアウトされたら

手を合わせる男女

 

では、自分がもし友人にlgbtであるとカミングアウトされたらどうしたら良いのか。

基本的にカミングアウトには

  • 性的な意味で全く好意がない人に「好きだ」と告げられる場合
  • 単純にlgbtであると告げられた場合

の二つのパターンがあると思います。

そして、二つに言えることは、自分の周りの人(カミングアウトしてくれた友人の知り合い)に公言しないこと。
カミングアウトされたら、異性に告白された時のように周りの友人に話したくなる気持ちは分かります。

でも、そんな時一旦立ち止まって考えてみて欲しいんです。

もし自分の秘密を知らない間に周りの人が噂していたらどんな気持ちになるのか
どんな心理で相手が自分に話してくれたのか。あなたとの関係を悪い方向に持っていこうとしてその話をしてきたのか

少し考えるだけでも、アウティングするかどうかなんて考える必要がなくなるはずなんです。
自分を信じて話してくれた方を大事にして欲しいです。

 

アウティングはするつもりはないけど、LGBTだと言われて、どうしたら良いか悩んでいる方は、「あなたの気持ちをカミングアウトしてくれた本人に素直に話す」

このことが相手にとっても自分にとっても最善の選択だと思います。

無理にあなたが相手に合わせようとすれば、相手も気を使ってしまいますし、あなたはあなたの考え方を持っていて当然です。

そして、もしどうしても誰かに聞いて欲しい、自分では解決できないという方は、lgbt団体や、もしよければ私に相談してみてください。
あなたの立場と相手の立場を踏まえて、少しでもアドバイスできたら嬉しいです。

 

アウティングされてしまったあなたへ

手を繋ぐ男女

 

最後にアウティングをされてしまったあなたへ伝えたいことがあります。

あなたにたくさんの味方がいます。
一人ではありませんし、立派な一人の人間です。

「普通」は誰かが勝手に決めた固定概念にすぎません。

あなたらしく、今日も明日も、その後も、自分の人生を過ごしていってください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!