COLUMN

レズビアンは男嫌いって本当?男性嫌いとレズビアンの関係性。

レズビアンと男嫌いの関係性

 

「レズビアンなの?じゃあ男性のこと嫌いなんだ〜」
「男が嫌い?じゃあ女性としか恋できないんだね。」
という言葉にちょっと待ったと言いたくなるのは私だけでしょうか?

先入観でその人のことを勝手に解釈してしまうことは日常でも起こりうることですが、
全ての人がこの考え方に当てはまるという訳ではありません。

本記事では、レズビアンと男性嫌いの関係性について少しでも知っていただければ嬉しいです!

 

レズビアンは男嫌いって本当?

仲の悪い男女

 

恋愛対象が男性じゃなくて女性になったってことは男性が嫌いになったから?
それって本当なんでしょうか?

 

男嫌いとレズビアンであることは比例しない

「レズビアンだから」ではなくて、
それぞれ過去に何かがあった、元からのその人の考え方から男性を嫌いだった。

というのが正解に思えます。

だからレズビアンで男嫌いな人もいれば、友情として関わりを持ちたい人もいる。
決して、女性が女性を好きになるから、それに比例して男嫌いになるということではありません。

レズビアンでも仲のいい男性の友達はいますし、ただ、恋愛対象にならないだけ。

 

レズビアンで男嫌いな人がいる理由

断る女性

 

レズビアン=男嫌いとはなりませんが、実際に男性が嫌い(苦手)になってしまう、元から嫌いな場合もあります。

男性に対してトラウマがあるから

レズビアンになるきっかけとしてもよくあることだと思いますが、
女性しか愛せないという方の中には、昔のトラウマがあって男性に対してマイナスの感情しか抱けなくなってしまって付き合う発想ができなくなった。
という理由を抱えている方がいるのも事実です。

世の中の全ての男性が悪いとは思っていなくても、1度負ってしまった心の傷跡はなかなか癒すのが難しい場合もあります。

男性としか恋愛してこなかったから、もう恋愛はできないと思っていても、女性との恋愛に気づき、レズビアンとして過ごしていくことは珍しいことではないのです。

 

男性への嫉妬心から

完全ノンケの子は自分に振り向いてくれない、自分が男性だったら振り向いてもらえる希望があったのに、最初の希望ですら男性に取られてしまう

そんな嫉妬心から男性を嫌いになってしまうことも。

相手の気持ちを変えることは可能だけどやっぱり難しいこと。
男性が悪いわけじゃないけど、男になれない自分自身への苛立ちも合間って男性を嫌う感情に結びついてしまう。

 

同性同士の方が理解し合えると考えてしまうから

別に最初は男性のことは嫌いじゃなかった。でも好きな女の子がノンケの子で、男性を好きになって、何かの拍子に好きな女の子が男性が原因で悲しんでいる場面に遭遇した。

「女の私だったらもっと幸せにしてあげられる」「あなたを悲しませたりなんかしない」

女としての自分の価値だったり、支えてあげたい思いが湧いてくる。

男性だけじゃなくて女性の私でもあなたを幸せにしてあげられると本気で思っているのに、好きな子が男性を好きになる「もどかしさ」を抱え続けることが原因で男性を嫌いと感じてしまうこともあるのではないでしょうか?

また、このようなストーリーがあったからこそ男嫌いになることもあれば、
特に何の原因がなくても男が嫌いになることもあると思います。

ですが、レズビアンの方が男嫌いになってしまう原因は自分自身に何かあったから。ではなく好意を持った相手のセクシュアリティに男性が関わっていることが原因の場合が多いようにも感じます。

私だったら…。そんな「たられば」の思いが大きくなるにつれて現実とのギャップを深く感じてしまい、いつの間にか、男性への思いも変わってしまっていた。

自分でも意図せずに変わってしまった感情が「嫌い」になってしまうこともあるのではないでしょうか?

 

男性が嫌いだからレズビアンになることはある?

レズビアンのカップル

 

前項でもお話ししましたが、男性に何かしらのトラウマを持っており、交際を考えられないストレートの方は、セクシュアリティに関して偏見がないのであれば同性だけを愛していく自分になることはありえることです。

ただ、当事者の方の心の傷が癒えることがあれば、レズビアンではなく今後はバイセクシュアルとして過ごしていくということもありえます。

ノンケが男性を嫌いだとレズビアンになる。に直結しないのは、レズビアンなだけで男嫌いにはならない。のと同じです。

ただ、一度女性同士の恋愛を知ったら…。

「これが本当の幸せ、恋愛なんだ。」
そうなる可能性だってもちろん。

 

男嫌いが理由でレズビアンになってもいい?

レインボーの紙吹雪を吹く女性

 

「相手を悲しませる前提で付き合わない」「ちゃんと好き」なのであれば、どんな理由であれ人を好きになること、レズビアンになることに否定なんてできないですし、なっていいかどうか。という問題ではなく、いつの間にか「そうなっている」ものだと思います。

男性が嫌いだから、女を好きになるなんて不純!なんて考えもレズビアンとしては、きっとあると思うけど、私は「好きになる」気持ちを大事にして欲しいなって思っています。

大事なことは、男性に恋愛感情が生まれないから女性と恋愛しなければいけない訳ではないということ。

男性が嫌い、でも女性も恋愛対象としては見れない。
それなら無理に恋愛する必要はありません。

今後もその気持ちのままでもいいし、ゆっくり自分を探す時間を作ってみてもいいんじゃないかなって、そう思います。
たまには、ゆっくり。

セクシュアリティと男嫌いは別物

レインボープライド

 

本記事では、男嫌いとセクシュアリティは関係しない。
ことをお伝えできていれば嬉しいです。

割合としては、女性を愛する女性が男性を遠ざけてしまうことが多いかもしれません。
でも、それだけでイコールの関係にしてしまうのは間違い。

ノンケの子だって男嫌いの子いますしね(笑)

もし、男性が嫌いな方で気持ちを周りの人に告げている方は、男性嫌いではない方を、不快な気持ちにしまわないよう、もっと周りを幸せにできる話題を集めていってくださいね。

その方が魅力的なあなたです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!